biツールでデータを有効活用

近年では、ビジネスの世界でも急速にIT化が進んできています。社員が社内のシステムを利用してパソコンに向かって仕事をするというスタイルは多くの会社に共通するものとなってきました。したがって、非常に多くの電子データが蓄積されてきていることになります。

BIツールのTableau(タブロー)は、おすすめのビジネスインテリジェンスツールです

それらのデータは、単体で利用された後は使われなくなるということもしばしばありますが、実は他のデータと結びつけたり見る視点を変えたりするとさらに有益な結果をもたらす可能性があります。分かりやすい例は、コンビニの購入履歴の例があります。あるコンビニではポイントカードに結びつく購入履歴によって最適なクーポンを発行するという仕組みがあります。これは、購入履歴というデータを複数組み合わせて分析することで、より良いサービスを提供することに繋がっています。

このようなデータの結びつけや分析という作業は、人間が行うと大変ですので、一般的にはツールを利用して行うことになります。そのツールはbiツールと呼ばれるもので、分析結果をレポートとして出すことができるようなものまであります。個人でも簡単に使うことができるようなオープンソースのツールも登場していますので、仕事に活用してみると良いでしょう。

最新記事